配筋検査@株式会社アーキテック新社屋 現場

大泉東町の当現場は屋上階まで型枠工事が進み、
建築全体のボリュームが把握できるようになってきました。
7月20日には屋上階スラブの配筋検査が完了し、鉄筋と中空菅が整然とならんだ景色にうっとり。
このあと間もなくして、コンクリートが流し込まれまるのが惜しいくらい綺麗でした。
お盆明けには型枠がすべて外され、いよいよ全貌が露わになります!

architech01
architech02
architech03