goroumaru

五郎丸の住居

敷地の南側には八乙女山を背景とした砺波平野が広がり、この景色を借景として望みながら生活できるように計画した住宅です。
夫婦とも交代制勤務の職業柄、決まった曜日に家族そろって団欒することが容易ではない生活スタイルゆえ、リビングをすべての居室の中心に配置し、いつも家族の気配を何となく感じられる関係性をもった空間構成に至りました。
そして、家族が揃う曜日にはリビングで最高の家族時間をつくれるよう検討を重ねた結果、住まう家族にとって特別な空間に仕上がりました。
2層分の吹抜けのある大空間のリビングには、ミヤモト家具の製品、木製サッシ、床暖房の設備などを備え、南側に見える広大な景色と一体となって、開放的かつ寛げる 憩いの場 として存在しています。

Information
  • 用途:一戸建ての住宅
  • 竣工年月:2017年3月
  • 構造:木造2階建て
  • 敷地面積:250.52 ㎡
  • 建築面積:118.16 ㎡
  • 延床面積:162.46 ㎡
  • 施工業者:高田建設株式会社
  • 撮影:新澤一平