sanga

三ケの住居

尖った台形の狭小地に2台分のインナーガレージとそこから玄関までの雨雪にあたらない富山ならではの動線を計画し、許された建蔽率を目一杯つかいながら敷地形状に倣って限界まで内部空間を押し広げた住宅です。
その結果、特異な敷地形状がそのまま建築の外形にあらわれ、シンボリックな佇まいとなりました。

2階に配置したLDKからは北アルプス、ミラージュランドの観覧車、日本海が望め、この敷地特有の景色を感じながらの生活が楽しめます。

Information
  • 用途:一戸建ての住宅
  • 竣工年月:2017年5月
  • 構造:木造2階建て
  • 敷地面積:93.49㎡
  • 建築面積:55.90㎡
  • 延床面積:104.13㎡
  • 施工業者:米井建設株式会社
  • 撮影:新澤一平